らくらくeBay

eBay海外輸出で小遣いを稼ぎ、ちょっと豊かな生活を送りましょう

物販

【ebay輸出】zippo(ジッポ)ライターを送る際に注意するべきこと

 

こんにちは。りゅうぴぃです。

 

前回の記事で「ebay輸出でのzippo輸出は稼げますよ」という話をさせていただきました。

 

今回はzippo輸出する際の注意点について補足説明したいと思います。

その前に軽く自己紹介すると私は、  物販経験ゼロ、出資金ほぼゼロから、約半年で、eBay無在庫転売(主にジッポ)で毎月5-10万程度の小遣いを稼げるようになり、生活がほんのちょっと豊かになりました。現在は、物販経験を生かしながら、【楽して賢く稼ぐ】をスローガンにリミットアップ代行やツールによるリサーチ/出品/在庫管理で累計100名以上のeBayセラーをサポートしています。

詳しくはこちら

そもそもZippoの海外発送はできるのか?

できます。

私は月に何個も海外発送しています。

zippo輸出の際の注意点

zippo輸出の注意点は過去にツイートした通りです。

https://twitter.com/RyukiLol/status/1117430430930595840

【zippoを輸出する際のコツ】

✔オイルが入っていないことを確認
✔バラして、部品として輸出
(写真参照)
✔細かい部品は袋に入れ、紛失防止
✔可能な限り、各部品を離して梱包 pic.twitter.com/ygqOk7QNUl— りゅうぴぃ@物販とプログラミングで人生変わった (@RyukiLol) April 14, 2019

オイルが入っていないこと

オイルが入っていると危険物になり、輸出できません。

新品未使用品を仕入れるか、もしくは使用品の場合、完全にオイルを抜きましょう。着火テストをすることを強くお勧めします。

バラして、部品として輸出

オイルが入っていないとしてもライターを輸出するのは危険で、最悪の場合税関所で没収される可能性があります。

そこで、zippoをばらして、部品として輸出します。

最低でもフリント(着火石)は取出しましょう。余裕があれば、オイルをしみこませるレーヨン(綿みたいなの)も取り出しましょう。

細かい部品は袋に入れ、紛失防止

分解した部品は紛失する恐れがあるので、袋に小分けにしましょう。セラーとしての最低限の気遣いですね。

可能な限り、各部品を離して梱包

ここまででzippoを部品に分けてきましたが、それらをそれぞれ離れた場所に入れてあげると、より安心です。私の場合、箱に入れる場合だったら、箱の4角に部品をテープで固定するように心がけています。

まとめ

zippo輸出は稼げますが、輸出にはリスクが伴います。創意工夫して可能な限り、リスクを減らしましょう。

※当記事ノウハウの活用は自己責任の元行ってください。

コメントを残す

Theme by Anders Norén