【100万稼いだ】損しないための商品画像の作り方のコツ【色と文字】

副業

ランサーズやココナラで商品を販売しているのだけど、なかなか売れない最速で売るためのサムネイル画像作成のコツや方法を知りたい。すぐに実践で使える知識を教えて。

 

普通に会社員をしながら、ランサーズで100万以上稼いできた筆者が

ランサーズで効率的に稼ぐコツ/方法を解説します。

この記事を読む事ですぐに稼げるわけではありませんが、少なくとも余計なことに迷わずに商品画像をサクサク作れるようにはなるはずです。

前提:効率的に稼ぐことを目指すならパッケージ(商品)出品一択です

パッケージとは、スキルを購入・販売できる機能です。

パッケージは一番効率的に稼ぐことができます。なぜなら、自分で内容や費用を決めたパッケージを出品したら、あとは見積もりの相談や連絡を待つだけです。

 

パッケージについてはコチラで解説していますので読んでいない方はまずこちらお読みください。

【100万以上稼いだので解説】ランサーズ副業で効率的に稼ぐコツや方法とは【答えはパッケージの活用です】

【悲報】商品が売れないのはそもそも見られていないかもです

ランサーズやココナラでは商品のクリック率って実は、かなりサムネイルの画像に依存しています。

 

だから、商品を見てもらうにはサムネイルで興味を引くことが重要なポイント。Youtubeとかでは有名な話ですが、実は、ランサーズやココナラにおいてもとても重要です。

 

 

デザインに自信がないから無理といわれそうですが、商品のサムネイルって以下の2点だけ意識すればとりあえずOKです。

  • 文字入れ
  • 目立つ配色

自慢ではないですが、私もデザインについてはセンスない方です。

文字入れ

画像に文字も入れることで、思わずクリックしたくなるサービスに進化します。「人は見た目が9割」同様、商品の見た目にも徹底的にこだわる必要があります。

 

多くのサービスがある中で、どんなサービスなのかをアピールしなければ目を止めることもなくスルーされてしまいます。

実際に販売実績がある商品の多くのサムネイルは画像だけではなく文字を入れてアピールしています。

目立つ配色

配色で目立たせることも重要です。これは単純に派手にするということではなく、

ライバルたちと並んだ時に目立つ配色を選択するのが大切です。

例えば、ライバルが白メインの配色なら黒メインに、黒なら白にして目立たせるのが効果的です。

実際どんな感じで画像を作ればいいのか

文字入れと配色が重要なことはわかってもらえたと思うので、実際にどんな感じで画像を作るのか紹介します。

例があったほうがわかりやすいので、こちらの実例をもとに説明します。

 

自分の商品は一言でいうと何か?自分の商品のアピールポイントは何か?

 

商品を売る際に最も重要なことの1つは自分の商品を理解することです。

自分の商品を一言で表して下さい。

またアピールポイントは3つまでにしましょう。それ以上入れると何がアピールポイントなのかがぼやけてしまう恐れがあります。

私の場合はこんな感じでした。

 

自分と同じもしくは似た商品を検索し、ライバルの配色をリサーチする

 

こんな感じで白メインでした。

ライバルたちがあまり使っていない色を背景色にする

 

ライバルが白メインの配色なので、黒メインにします。

 

商品名とアピールポイントをテキストで入力する

 こんな感じです。

見やすくするためにデザインを工夫

最後に、見やすくするためにデザインを工夫します。

見やすければ、ダサくても全然OKです。 

 

まず、全部白色は単調で見にくいので、

  • 一番強調したい文字は赤、文字サイズ大
  • 次に強調したい文字は黄色、文字サイズ中

にしました。

 

次に、全体的に文字が多くわかりにくいので、アピールポイントを

それぞれグループ分けして、文字位置とかを微調整して完成です。

 

 

ちなみに、canvaというフソフトを使って作成しています。デザインの知識がなくても簡単に高品質のサムネイルを作成できるのでおすすめです。

無料でCanvaを利用する

 

まとめ

ランサーズやココナラで最速で売るための商品画像作成を解説しました。

冒頭にも説明した通り、商品を見てもらうには画像で興味を引くことが重要なポイントです。

やってみると意外と簡単なので、ぜひやってみてください

 

実際に商品を売るにはほかにも商品作り、マーケティングなどを行う必要があります。以下の記事でロードマップとして整理していますので、良ければご覧ください。

【初心者におすすめ】弱者のための副業ランサーズ・ココナラで効率的に稼ぐための方法/コツ【5stepで解説】

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました